エンジニアにも種類があります

コンピューターが日常生活や仕事でなければならない存在となり、関連するIT業種は発展を続けています。それに伴って技術職も細かな分野に分かれるようになってきて、これまでは単純にエンジニアと一括りにされていたところを、担当する内容によって呼び分けるようになっているのです。

例えばITエンジニア、システムエンジニア、ネットワークエンジニアなどは業務内容が想像しやすいですが、フロントエンドエンジニアとなるとIT関連と疎遠の人間は馴染みがないかもしれまん。

フロントエンドとは簡単に説明するとユーザーと直接データのやり取りを行うことで、ウェブ制作においてはブラウザ側となっています。業務内容はウェブデザイナーのデザインを基盤にして、HTMLやCSSPHPなどの設定や実装、構想、カスタマイズなどを担当します。時にはデザインを引き受けることもあり、ユーザーインターフェースの着手も多くなっているのです。

さらに今後の業務内容に関わってくるのがモバイル対応についてで、インターネットにアクセスする方法は今もパソコンからが多数を占めていますが、一部はモバイルオンリーということもあり、対応が急がれているのです。ウェブ制作の基盤となる重要な仕事で、今後はモバイルとの連携も含めてさらに需要が高まる職種といえるでしょう。ウェブデザイナーと連携することも多く、デザイン関連の知識も必要となり、総合的な能力が必要とされる職種になっています。

フロントエンドエンジニアに興味を持っているのであれば、参考資料として今求められているフロントエンドエンジニアを読んでみると、この職種について更に深く知ることができますよ。