85日目実はとてつもなく凄い事を今している事実に気づいた方がいい

パチを選択し人生を狂わせた時から

ほぼ全ての水準が

いわゆる一般と呼ばれるそれを

いっきに下回る。

生活水準

思想のありかた

将来への展望

禁パチを続けていく中で

ふと心が折れる瞬間があるのかもしれないね。

毎日耐えて

耐えて

あたりまえの生活を掴もうと足掻いてさ

でも

誰も褒めちゃくれない。

だってさ

それ、あたりまえだから。

パチに染まった事が無い人からしたら、あたりまえだから。

一日歯を食いしばってパチに行かないように、結果何も無く一日を終える事ができた。

パチに再び手を染める事が無いように、考え考え抜いて自分なりの日常の過ごし方を工夫する事ができた。その凄さ。

パチ以外の物の中に意義を見出せた。その凄さ。

それら全部さ

パチを知らない人からしたら

褒める対象じゃないって事なのかもよ。

今も昔もこの先も

人は自分以外の存在から認められたい生物だ。

でなけりゃこの世に表彰や勲章なんて物は存在しなかったはず。

必死に

自分で自分を褒めるけれども

他人によって

承認欲求が満たされない心の奥底で

もしかしたら俺が頑張っている事は無駄な事なのか?

この努力も虚しく結局はまたパチの世界に逆戻りするんじゃないか?

一度依存症になったら一生普通の生活を送り続けるのは不可能なのか?

こんなに辛い事がこの先終わる事なく続くのか?

小さな小さな火種が心の中で燻り始める。

自分で自分を認める事で

一つの火種を摘み取っていくけれど

一度に燻り出す火種は一箇所とは限らない。

自分の手が届かない火種を踏み消してくれるのは、他人からの助けなのかもしれない。

俺は

周りには話せない。

相談できない。

自分ひとりで戦っていくと覚悟を決めた。

最初は、自分の決意を忘れる事のないように利用できるものはとことん利用してやろうとブログをつけ始めた。

だから、単なるひとり言で良いんだって思ってた。

でも次と火種が現れる時に自分ひとりの限界を知った。

その時

俺が自分で消しきれなかった火種を優しく包んで取り除いてくれたのは

俺のブログを読んでくれてたり

いいねをつけてくれる

コメントを返してくれる人達だという事に気づいた。

リアルには居なかった仲間が

ネットの世界に

俺のスマホの中に確かに居た。

いいか?

世間の健常者が何を言おうとも

お前は正しいし、すごいからな

一度もパチに苦しんだ事が無い人には経験理解できない事を今やり続けている。

一度地獄をみたからこそ、今のものの見かたができるんだぞ。

もしまた迷いが生じたら

もしまた辛くなったら

こっちの場で沢山吐き出せばいいじゃん。

聞いてくれる仲間なら沢山いる。

今この瞬間さ日本のどっかでパチ台と向かい合っているやつの中にさ

お前の助けを必要とするやつが、いつか出てくるかもしれないよ。

その時今度は、俺らがそいつを受け容れてさ

そいつひとりじゃ抱えきれない火種を

俺らで消してやろうよ。

この場をお借りして

皆さんに感謝してます。

俺はひとりではたぶんとっくにスリップしてました。

皆さんのブログを拝見したり、俺のブログを見ていただいたりして

励まされ勇気をもらい、もうすぐ禁パチ3月を迎えようとしています。

これは今までの人生で一度も無かった事です。

皆さんがいなかったら

たぶん俺はここにはいなかったと思います。

感謝と同時に、もう一度決意を固め

また今日から行かないをやり続けていきます。

これからも皆さんの力を借り続けると思います。

本当にありがとう。

今日一日を人間らしく。