焼き鳥

焼き鳥って近くて優しい。

何が近いって、まず食材。

ほんで鶏ってなんか、優しいやん。

しゃぶしゃぶ

この場合、大阪やったら牛肉

豚しゃぶ

ともに食べるん体力いるやん。

体力つけるために食べるのに、食べるのに体力使うって。

この表現、年いかな理解してもらわれへんと思うねんけど、

牛とか豚って消化するんしんどいねんな。

その点、鶏って優しい。

鶏雑炊ってあるぐらいやし。

中国やったかなぁ、

風邪ひいたら鶏まるまる一匹使ってスープ作るん。

それぐらい胃にも口当たりも優しい。

で、その煮ても揚げてもうんまい鶏を

焼くねんからそりゃ、うまいわなぁ。

ま。

鶏の産地が一番大事やけどね。

赤い看板が目印の大吉さん、ご馳走様でした。

おかげで夫婦円満で夜を過ごせました。

そういや、鶏の思い出小話。

昔、18年ぐらい前、

新今宮が今ほどライトな感じじゃない時。

新今宮の駅すぐのとこに、

自分で七輪で焼くスタイルの焼き鳥屋があってん。

確か食べ飲み放題70分か90分で3000円ぐらいやったかなー。

当時よく通ってて。

今もやけど、自分で焼く焼き鳥って珍しいやん。

しかも、冷蔵庫ケースから自分でネタを皿に

のせれるだけ取れて。

ある日、急に営業やめて、

マンション?なってた。

っていう話を旦那にしたら、

その店俺も知ってるわ、俺も行ってたで

世の中ようさん店あるのに、

20年近く前の、新今宮の、たった1件で営業してた店

二人とも知ってて行ってたて、だいぶ嬉しかった。

当時営業されてた、ご夫婦とバイトさん時メンツ変わってた

今どうしてるんやろね。

串家物語よりも前からあった食べ放題の

焼き鳥の店の話。

広告を非表示にする